クラシード香川ってどんなとこ?

クラシード香川ってどんなとこ?

うどんといえば香川県!な実態

香川県と言えば、「うどん」ですね!クラシード香川についても「うどんネタ」は欠かせません。

さぬき市という市があるように丸亀製麺など、うどんにまつわる地名も多いことからさぬきうどん=香川県というインパクトが強いのではないでしょうか。

生活特性についてもうどんが根強く出ています。国の調査によれば、高松市では全国平均と比較して「うどん」につながる特徴がみられています。興味深いのでご紹介します。

家庭内や外食でも、うどんの消費が国内1位になっているのは、やはり香川県!でした。全国平均、次の2位に大差をつけての「うどん好きの香川県民」ということがよくわかりますね。やっぱりおいしいこともあって、みんな生まれた時からうどんに親しんでいるんだなぁ・・と思います。

クラシード香川ってどんなとこ?
クラシード香川ってどんなとこ?
クラシード香川ってどんなとこ?

大衆食品は意外と食べてない香川県?

うどんがトップを走っている消費の香川県ですが、反対に私たちになじみが深い家庭でも外食でも人気のスパゲッティやハンバーグは、消費が少ないというのです。ということはうどんがこれらの一般的な食品にすり替わっているのかなぁ?と思います。

面白い特色ですよね。緑茶、ビールも実は消費量が少ないというのですからビックリですよね。日本で最も消費が少ないということみたいですし・・何を飲んでうどんを食べるのかなと思ってしまいますね(水?)。

食べ物以外でさらに特徴的なのは、トイレットペーパーやティッシュの消費量も少ないとか・・気候的な問題とかあるんでしょうか?あるいはうどんを食べるときは、タオルやふきんをつかうとか・・いろいろ考えてしまいます。

讃岐うどんはやっぱり大好きな香川県

麺のコシがしっかりとした讃岐うどんは香川のあらゆる地域で親しまれています。四国を代表するこのうどん、本当にコシが強くてなかなか、ちぎれないことも!金刀比羅宮などでも参道までの間で美味しい讃岐うどんを食べることができます。

だし醤油、いかなご醤油などコシとダシにこだわるモノも多く、うどん以外では手延べそうめんなども作られています。

倉敷市から坂出市にかけて海上に架けられた瀬戸大橋のおかげでフェリーで行き来もしなくてよくなりましたので、ますます便利になっているのが現状のようです。丸亀製麺の発祥地である丸亀市やさぬき市、坂出市も対抗意識をもって地域のさぬきうどんを作って、消費しているようですよ!

腰の強さで張り合っているかもしれませんね。

クラシード香川ってどんなとこ?
クラシード香川ってどんなとこ?
クラシード香川ってどんなとこ?

そのほかの香川県の食文化は?

香川県では、お正月には、餡のはいったお雑煮を食べます。白味噌仕立のお雑煮で「餡餅雑煮」といわれています。

うどんのほかには、オリーブや讃岐牛、讃岐(夢)豚、讃岐コーチンなどの家畜もいます。瀬戸内海式気候を生かした農業も営まれており、レタスなどの栽培も盛んです。

そのほかでは次いでたまねぎ、ブロッコリー、などとなっています。山岳地帯が少ない香川県は稲作を中心とした農地も多いです。

しかし、小規模なものが昔からより多く、大規模農業ではありません。

工芸品、お祭り、その他の香川県の産業

伝統工芸品としては香川漆器、丸亀うちわなどが有名です。

祭事・イベントではさぬき高松まつり、仏生山大名行列、さかいで大橋まつりなどがあります。こんにゃくの生産量も日本一を誇っています。

水産業も盛んで、海面ではイワシやシラス、養殖のハマチやノリなども生産されています。赤潮の発生には水産業に打撃が与えられるので赤潮の研究所も設けられているそうです。

赤潮とは・・・潮は、プランクトンの異常増殖で海などが変色する現象です。水が赤く染まることからこの名前がついています。

うどん好きの人はぜひ香川県に行った際にはご賞味下さい!クラシード香川もうどんをたべてコシ強く頑張りたいと思います。

クラシード北大阪(大阪府東淀川区・旭区・都島区・城東区・鶴見区及び大阪府守口市・摂津市・門真市)